マツバギク雑記

書きたいことを書くブログ

ポケモン映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』感想

スポンサーリンク

 

f:id:hiro325636:20190807140847j:image

今回はポケモン映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』を紹介したいと思います。

 

1998年公開のポケモン映画シリーズ第1作「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」をフル3DCGでよみがえらせたアニメ作品です。

 

スタッフ・キャスト

監督-湯山邦彦 榊原幹典

原案-田尻智
脚本-首藤剛志

サトシ 松本梨香
ピカチュウ 大谷育江
ムサシ 林原めぐみ
コジロウ 三木眞一郎
ニュース 犬山イヌコ
ミュウツー 市村正親
ボイジャー 小林幸子
ミュウ 山寺宏一

 

あらすじ

全てのポケモンの“はじまり”と言われ「清らかな心と会いたいと強く願う気持ち」の2つを持つ冒険者の前にだけ現れるという幻のポケモン・ミュウ。世界中のポケモン研究者がその行方を追う中ついにある科学者がミュウの化石を発見しそれをもとに禁断の行為に手を染めてしまう。

 

人間のエゴによって生み出された伝説のポケモン・ミュウツーは自身の存在理由も分からないままに兵器としての実験を繰り返され、心の中に人類への憎悪の念を宿していく。

 


【公式】「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」TVCM(60秒)

 

ミュウツーの逆襲EVOLUTION感想・ネタバレ

ミュウツーの逆襲EVOLUTIONは3DCGの映画なので違和感あるだろなぁーと思っていましたが違和感なくみることができました。映像も昔の時と比べて格段に綺麗だし内容もモチロン面白いので良かったです。

 

昔の映画はみていましたが内容も忘れている部分もあったのである程度は新鮮な気持ちでみれました。

 

個人的にコピーポケモン達と戦い合う部分。特にピカチュウ同士が戦い合うシーンは悲しい気持ちなります。戦うというよりかは一方的にって感じなので余計に悲しくなります。

なぜ戦うのか?本物とコピーの差は?等この映画は考えさせられる作品です。

 

主人公のサトシは身体能力がすごいので途中ここ飛び降りても大丈夫だろとか思ってましたがミュウとミュウツーの攻撃を受けて石化してしまうサトシ。ここからポケモン達の涙で復活します。ここで涙腺がうるっときました。

 

後はピカチュウがサトシにでんきショックしてるところも涙腺と悲しい気持ちなります。

 

満足度

☆☆☆☆★ 4点です。(5点満点中)

 

内容は面白いし映像も綺麗なのでCGに慣れれば違和感なくみることができる。内容は昔と同じなので内容を知ってる人は満足できない人もいるかもしれません。

 

最後に

初めて映画の感想を書いてみたけど自分の語彙力のなさを感じました。感想も説明してネタバレしただけのようになってしまったので上手く面白さを伝えられるようになりたいと思いました。

 

人生で初めて映画館でみた作品が昔のミュウツーの逆襲だと思います。懐かしさもありながら楽しく映画鑑賞することができたので個人的には良かったです。公開初日にみたんだけどポケモンGOの効果なのか年齢層高めの方が割といた印象でした。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。