マツバギク雑記

書きたいことを書くブログ

私はイクラアレルギー

スポンサーリンク

 

私はイクラアレルギーです。小学生ぐらいの頃に初めて食べたけど口が痒くなったりイガイガしたりします。

f:id:hiro325636:20190826204237j:image

20歳くらいの時に1粒食べてみたけど30分くらい口の中が痒くなったので無理でした。

 

イクラとは

イクラとはサケの卵。筋子の卵巣膜を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものイクラまたはバラ子と呼びます。一般的には加熱加工せず、塩漬けや醤油漬けにして食べられます。

引用:筋子といくらの違い | かに通販ブログ

すじことは

筋子(すじこ)とは、サケ科魚類の、卵巣に入ったままの卵でまたその塩蔵加工したものを言います。
その名の通り、筋(スジ)のような卵巣膜によって卵が繋がっている。

引用筋子といくらの違い | かに通販ブログ

 

調べるとイクラは成熟した魚卵を使用している。すじこは未成熟の魚卵を使用していると書かれているので成熟具合で違うみたいです。

 

結局のところはサケからきているので私は食べられません。

 

イクラアレルギーとは

 イクラアレルギーとは魚卵アレルギー中でイクラが食べられないことだと思います。

 

イクラアレルギーの症状として私の場合は口が痒くなる。口がイガイガする。口の中に違和感がある等です。

 

魚卵アレルギーだからといって他の魚卵が食べられないわけではありません。私はとびっこやたらこ等は食べられます。しかし昔は口の中が痒くなったりもしました。

 

初めて食べる魚卵の時は警戒して食べます。傾向からいうとサケの仲間に近い卵はダメだと思います。知ってほしいのは魚卵が全部ダメと言うことではないことです。

 

イクラアレルギーの困るところ

普通に生活している分にはイクラを食べないようにするだけなので困ることはほとんどないです。ただお刺身の丼とかだとイクラがかけられている可能性があるので注文前に確かめないといけないのが困るところです。

 

意外と困ることないな。

 

どの食物アレルギーにも言えること

 どの食物アレルギーにも言えることですが食べれないものを無理やり食べさすことはやめて下さい。アレルギーの反応は人それぞれ違いますが一歩間違えれば取り返しのつかない事態になる可能性もあります。

 

断りにくい場面も人によってあるかもしれませんが食べれば良くなる等の考えは持たないでほしいです。

 

食物アレルギーの原因となる食物を食べて治す「経口免疫療法」と呼ばれるものがあります。それは病院で安全が確保された状態で行っているので出来ることです。

 

一人一人が食物アレルギーを理解することが大切だと思っています。

 

最後に

イクラアレルギーについて書きましたがイクラ好きな方は不快な内容だったかもしれません。イクラ好きの方ごめんなさい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。